ヨーロッパ旅紀行 イギリスへ行こう! ⑤ グラストンベリーへの旅路 〔2〕

■ あわてんぼうの乗客とサンタクロース



なんとかパディントン駅に到着!!

(よっしゃああー、あとはチケットだ! イェイッ)

予約しているチケットを購入する段になって・・・・・・・・・・・・・・

 

ATOL「…チケットの購入の仕方、日本で調べたときのと機械が変わってるよ」

 

私「…えー😱」

 

インターネット等で調べたときと、仕様が変わってる。

なんだか、新しくなってる。

きっと新調したんだろうけど・・・・・

 

でも、やってみるしかありません。

そこへ・・・・・・

 

サンタクロース登場!!

 

サンタさんのような優しげな職員さんが、ちょうどチケットの機械をチェックするために販売機のところにやって来ました。
私「ハロー、チケット、リザーブ…」
インターネットからプリントした情報を強引に彼に見せると、
ミスターサンタ「クレジットカード?」
私達はクレジットカードを手渡すと、彼はチケット販売機にクレジットカードを挿入して、代わりに手続きをしてくれました。
チケットには「パディントン」と書いてあります!
私「サンキュー」
ミスターサンタ(笑顔)


…お礼の言葉も、そこそこに、電車のホームを探して、ダッシュです。

 

チケットの改札口でも、どのチケットを入れたらよいのか迷っていると、駅の方が優しく教えてくれて。

 

 

…なんとか電車に飛び乗り、ほっとする間もなく…電車が発車しました。

 

 
実はロンドンシティー空港から、パディントン駅の電車に乗るまでの時間が40分しかなかったそうで、とても間に合うとは思えない状況だったそうです。
私は、あえて、時間を聞かず、最善を尽くそうと思っていました。

 

(・・・・間に合ったよぉー、良かった☆)

 

きっと、40分しかないと知っていたら、あきらめていたかも知れません。
土地勘のある方なら、大丈夫な時間かも知れませんが、

イギリスの地下鉄に乗るのも、パディントン駅に行くのも初めてです。

特に地下鉄駅からパディントン駅に移動する際にちょっと迷いましたし。
とにかく、無事、第一関門は突破できました。

関連記事

  1. 宇宙の仕組みと生命の神秘から導く占星術

  2. 屋久島は運命を操作する? 不要なものを断ち切り、本当に必要な答えのみを…

  3. 夜中に何かに襲われる? 節分夜の怪 〈中編〉

  4. 占い気質とお笑い遺伝子 【エピソード1】

  5. 菅原道真に導かれて番外編 新日吉神宮 天満宮 飛梅伝説!?

  6. 京都 紅葉の名所 通天橋で光の叡智が舞い降りる

  7. 口コミ中心の旅の占い師~世界はみんなでひとつでつながっている~

  8. 神降地(上高地)の旅 旅の終わりと継続の次の物語 【その7】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。