ATOL,  占術,  運命の羅針盤

双子の場合の運命の羅針盤


先日、ご相談者様から質問がありました。

『 双子の場合、運命の時間は同じですか? 』

答えは「違います」


誕生日から導かれる数字は同じものになりますが、そこに四元素が加わるためことなる運命が作られていきます。

運命の羅針盤-十二天運占星術は時間の流れを組み立てるための道具であり、預言することが可能です。
双子の場合、通常の占いであれば同じ運命になるのですが運命の羅針盤は同じにはなりません。
双子であったとしても、同じ運命の流れにはならないからです。
それは、全く同じタイミングで生きることができないかです。

 

双子のAさんとBさん


生年月日も生まれた時間も数分違いで、時間による判定もそれほどありません。
通常の占いであれば、運命的なものは全く同じになるはずです。
しかし、運命の羅針盤は運命そのものを見るため、双子の両方の運命を同じにはしません。
それは、タイミングが一致することがないからです。

例えば、

AさんとBさんが一緒にいて、同時に同じ動作をすることで同じ時間は作られますが、順番というルールが作られた瞬間から2人の運命の流れは変わります。

それは、運命とは一つ一つの決断と選択によって作られているからです。
順番が作られることで、出逢う人との運命の結びつきや関係性が変わってきます。
例えば、Aさんがお兄さんだとして、新たな人間関係との出会いが起きたとき、弟のBさんと一緒にいたとしても、新たに出会った人はAさんと弟さんという構図として認識する場合があったとします。
その場合、運命的な結びつきはAさんが優位になり、Bさんとの結びつきは二番目になるため、運命的な距離感が生まれてしまい、運命の時間を作る上で重要な分岐路となっていくわけです。

出会いの順番と順路であったり、選択するタイミングにより、社会環境が2人の運命に変化をもたらします。

他者世界からの接し方や関わり方で、運命は分岐し、様々な独自の世界を創造していきます。

出会いの可能性が多い1の数


1の数字のときに、運命の流れは全く違うものに変わります。
双子であっても、関わる人間関係がそれぞれあります。
1の数字のときは様々な物事が多く集まる年になるため、関わっている環境によって出逢うものや向こうからやってくる新たな時間たちは、双子であっても異なる未来を創造していくのです。

運命の羅針盤は、ただの統計学ではありません。


運命を創造していく大切な設計図のようなものです。
全く同じ誕生日だとしても、感情、知性、愛情、行動(四元素)によって異なった運命が作られていくことを告げています。

運命の羅針盤とは
よりよい明るい未来を創造していくための道しるべとなります。

運命の方向を確認したいときには、ご連絡お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。