京都 東寺の曼荼羅と、旅のまとめでいろいろ卒業 〈その一〉

■ 五重塔はなんのため?

五重の塔といえば、修学旅行で見た、法隆寺の五重の塔。日本最古、どっしりとした五重の塔。

それに比べて、京都の五重の塔は高くて大きくて「あの時代にどうやって作ったのだろう?」と、感心するばかり。

 

そして、塔は「心柱構造」という地震に強い耐震構造になっているそうです。
日本古来の建築設計には、中国を経由したインド風水の考え方も考慮されていて、なかなか面白いです。

地震の多い日本ですが、心柱構造の建物は倒壊しないそうです。
ただ高い建物なので雷様には弱いので、避雷針も設置されているそうです。

 

■ 法隆寺
所在地 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
ホームページ http://www.horyuji.or.jp/

関連記事

  1. 平等院鳳凰堂 番外編 10円玉の模様で有名なお寺 〈前編〉

  2. 占いをはじめた切欠~占い師としての風杜あとりとその師匠 【エピソード1…

  3. 夜中に何かに襲われる? 節分夜の怪 〈前編〉

  4. 京都 東寺の曼荼羅と、旅のまとめでいろいろ卒業 〈その二〉

  5. 占いをはじめた切欠~海外からやってきた占い師 【エピソード13】

  6. ヨーロッパ旅紀行 イギリスへ行こう! ③ スペインからロンドンへの飛行…

  7. 神降地(上高地)の旅 不思議な旅にいざなわれて 【その1】

  8. 神降地(上高地)の旅 旅の終わりと継続の次の物語 【その7】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。