京都 東寺の曼荼羅と、旅のまとめでいろいろ卒業 〈その一〉

■ 五重塔はなんのため?

五重の塔といえば、修学旅行で見た、法隆寺の五重の塔。日本最古、どっしりとした五重の塔。

それに比べて、京都の五重の塔は高くて大きくて「あの時代にどうやって作ったのだろう?」と、感心するばかり。

 

そして、塔は「心柱構造」という地震に強い耐震構造になっているそうです。
日本古来の建築設計には、中国を経由したインド風水の考え方も考慮されていて、なかなか面白いです。

地震の多い日本ですが、心柱構造の建物は倒壊しないそうです。
ただ高い建物なので雷様には弱いので、避雷針も設置されているそうです。

 

■ 法隆寺
所在地 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
ホームページ http://www.horyuji.or.jp/

関連記事

  1. 2001年のとある日のエジプト旅行~12年前のエジプト旅行と「今」~

  2. 運命の羅針盤-33歳、42歳、52歳の転機-美空ひばりさんから見る、「…

  3. 神降地(上高地)の旅 不思議な旅の始まり 【その2】

  4. 占い気質とお笑い遺伝子 【エピソード2】

  5. 菅原道真さんは、太宰府天満宮にはいない?

  6. ヨーロッパ旅紀行 イギリスへ行こう! ③ スペインからロンドンへの飛行…

  7. 不思議な体験、いろいろあるよ~とあるお盆のミステリー~

  8. 菅原道真に導かれて番外編 新日吉神宮 天満宮 飛梅伝説!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。