占いをはじめた切欠~人生の流れは、突然ストップする 【エピソード1】

■ 売らないしと占い師


子どもの頃に聞いた、なぞなぞです。
「何にも売らないお仕事って、なーんだ?」

答えは「占い師(売らないし)」です。

何にも売らない、占い師。
占い師が売っているものは、なんなのでしょうか?

 

■ 切欠は人生の流れのストップ

私自身が占いしてもらった経験は、トータルで15回ぐらいです。
あとりの占いは回数にいれていません。

多いのか、少ないのか。

それはわかりませんが、私が占いをしてもらうきっかけになったのは、ダンス編でお伝えした「アルゼンチンタンゴ」と「足の怪我」がきっかけなのです。

 

それまでは一度も占いをしてもらったことはありませんでしたし、占ってもらおうと思ったこともありませんでした。
そんな私が何故占いをしてもらうようになったのか。

そして、現在占いに関わっていくようになったのかについてお伝えしたいと思います。

関連記事

  1. 菅原道真さんを探しに榎社へ

  2. HTBの夕方情報番組「イチオシ‼」出演 占い師あとり

  3. 占いをはじめた切欠~占いのスタイルを見つける 【エピソード6】

  4. 神降地(上高地)の旅 旅の終わりと継続の次の物語 【その7】

  5. 菅原道真さんは、太宰府天満宮にはいない?

  6. 占いをはじめた切欠~占いデューと足の怪我 【エピソード4】

  7. 2001年のとある日のエジプト旅行~旅の始まりはこうだった~

  8. ヨーロッパ旅紀行 イギリスへ行こう! ⑥ 伝説の町! グラストンベリー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。