占いをはじめた切欠~人生の流れは、突然ストップする 【エピソード1】

■ 売らないしと占い師


子どもの頃に聞いた、なぞなぞです。
「何にも売らないお仕事って、なーんだ?」

答えは「占い師(売らないし)」です。

何にも売らない、占い師。
占い師が売っているものは、なんなのでしょうか?

 

■ 切欠は人生の流れのストップ

私自身が占いしてもらった経験は、トータルで15回ぐらいです。
あとりの占いは回数にいれていません。

多いのか、少ないのか。

それはわかりませんが、私が占いをしてもらうきっかけになったのは、ダンス編でお伝えした「アルゼンチンタンゴ」と「足の怪我」がきっかけなのです。

 

それまでは一度も占いをしてもらったことはありませんでしたし、占ってもらおうと思ったこともありませんでした。
そんな私が何故占いをしてもらうようになったのか。

そして、現在占いに関わっていくようになったのかについてお伝えしたいと思います。

関連記事

  1. ヨーロッパ旅紀行 イギリスへ行こう! ③ スペインからロンドンへの飛行…

  2. 占いをはじめた切欠~不思議な小部屋と黄色いおふだ 【エピソード3】

  3. 占いをはじめた切欠~番外編 上高地の帰り道で出会った占い師 【エピソー…

  4. 占いをはじめた切欠~ペンデュラムと4回の浄霊 【エピソード9】

  5. 平等院鳳凰堂 番外編 10円玉の模様で有名なお寺 〈前編〉

  6. 占いをはじめた切欠~占いのスタイルを見つける 【エピソード6】

  7. 不思議な体験、いろいろあるよ~とあるお盆のミステリー~

  8. 夜中に何かに襲われる? 節分夜の怪 〈中編〉

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。