京都 東寺の曼荼羅と、旅のまとめでいろいろ卒業 〈その三〉

■ いろんな世界の神様は、日本のみんなを熱く見守る・・・・・日本とはそんな不思議な世界

 

私は子どもの頃お祖母ちゃんっ子で、一緒によくお寺に行くお供をしていました。

 

そんな環境だったので、
お寺にある仏様とか、
曼陀羅、地獄絵など身近に仏教美術に触れてきたようで、

今回の旅でとても懐かしい気持ちになりました。

 

なぜか同時期にキリスト教のプロテスタント系の幼稚園で毎日お祈りと聖書の勉強してましたが(笑)

さすが、日本!宗教のカオス状態。

関連記事

  1. 夜中に何かに襲われる? 節分夜の怪 〈後編〉

  2. 占い気質とお笑い遺伝子 【エピソード2】

  3. ヨーロッパ旅紀行 イギリスへ行こう! ③ スペインからロンドンへの飛行…

  4. 神降地(上高地)の旅 旅の終わりと継続の次の物語 【その7】

  5. 夜中に何かに襲われる? 節分夜の怪 〈前編〉

  6. 変化変容

    出会いの中にある運気を呼び寄せる法則

  7. 京都 東寺の曼荼羅と、旅のまとめでいろいろ卒業 〈その二〉

  8. 宇治 平等院鳳凰堂 番外編 10円玉の模様で有名なお寺 〈後編〉

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。