占いをはじめた切欠~不思議な小部屋と黄色いおふだ 【エピソード3】

■ 台湾旅行と不思議なおまじない


台湾旅行で占いをすることになった私。
私自身、特に何か占ってもらいたいことがあった訳ではなかったので詳細の内容は残念ながら記憶に残っていません。

 

 

ただ、占いに行ったはずなのに、途中から、不思議な部屋に通されました。

そこには綺麗なお花と女神のような仏像がありました。

占い師は、そこで目をつぶってお祈りするように言われたので、言われたとおりにしました。

そして、

 

 

帰りに黄色の紙に朱色の絵文字が描かれた物が渡され、毎日この紙を燃やして水と一緒に飲むように言われました。

 

う~ん。

怪しさ満点。

結局、魔除け対策はしませんでしたが…。

 

1回で2万円ぐらいだったと思います。

友達によると、私には邪悪な物がたくさんとりついているとか。

それで、台湾に連れて来たのだと言われました。
えー。
その話、日本で教えて欲しかったです。
確かに、いわゆる「心霊写真」を高確率で撮影してましたし、「憑いている」と言われれば、心当たりはありましたが。
これが、私の占いデビュー戦です。

 

このあと、再び台湾で占いをすることになるのですが…続きは次号にて。

関連記事

  1. 占い気質とお笑い遺伝子 【エピソード2】

  2. 宇治 平等院鳳凰堂 番外編 10円玉の模様で有名なお寺 〈後編〉

  3. 占いをはじめた切欠~愛の占い師と真のアイデンティティ 【エピソード14…

  4. 神降地(上高地)の旅 旅の終わりと継続の次の物語 【その7】

  5. 夜中に何かに襲われる? 節分夜の怪 〈後編〉

  6. 菅原道真番外編、運命の飛梅伝説

  7. 占いをはじめた切欠~アルゼンチンタンゴが結んでくれたご縁 【エピソード…

  8. 京都 東寺の曼荼羅と、旅のまとめでいろいろ卒業 〈その二〉

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。