ヨーロッパ旅紀行 イギリスへ行こう! ⑥ 伝説の町! グラストンベリーへ出発 〔3〕

■ 天使のバトンは、女神様へ渡される


 

先ほどから、優しく見守っていてくれた女性が話しかけてきました。
女性:「(英語で、たぶん)私、もうすぐ、降りるの。あと、少しでグラストンベリーよ。じゃあね✨」

 

えー

 

頼りにしてました~不安だよ~

 

(ああああああああああああああ~・・・・・・・・・・・・・・・頭、真っ白だぁ)

 

と・・・-そのとき!?

彼女が降りたあと、別の女性が話しかけてくれました。

女性2「私も、グラストンベリーに行くのよ。どこで降りるの?」

なんと! (女神様、光臨!!)

彼女(私達には女神様のように見えました)は、結局、グラストンベリーの宿泊先のそばまで送ってくれたのです✨

イギリス(UK)の方って、親切なんですね。

ロンドンシティ空港からグラストンベリーまでの道中は、わかりづらく、不安要素満載でした。

しかし困っているときには必ず親切な方々に出会い、たくさん助けていただけました。

このことだけでも、本当にラッキーで、ミラクルなことだと思っています。
このミラクル。実は、あるものに「守られていた」ということが、後程判明いたします🎵

関連記事

  1. ヨーロッパ旅紀行 イギリスへ行こう! ② スピリチュアルな旅はトアにあ…

  2. 京都 東寺の曼荼羅と、旅のまとめでいろいろ卒業 〈その二〉

  3. ヨーロッパ旅紀行 イギリスへ行こう! ⑤ グラストンベリーへの旅路 〔…

  4. 占いをはじめた切欠~愛の占い師と真のアイデンティティ 【エピソード14…

  5. 占いをはじめた切欠~海外からやってきた占い師 【エピソード13】

  6. 2001年のとある日のエジプト旅行~旅の始まりはこうだった~

  7. 下鴨神社(賀茂御祖神社) 「レナウン娘」と「五穀豊穣の神様」

  8. 屋久島に歓迎される。アクセスは船酔いとか考えると飛行機のほうが良い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。