ヨーロッパ旅紀行 イギリスへ行こう! ⑥ 伝説の町! グラストンベリーへ出発 〔3〕

■ 天使のバトンは、女神様へ渡される


 

先ほどから、優しく見守っていてくれた女性が話しかけてきました。
女性:「(英語で、たぶん)私、もうすぐ、降りるの。あと、少しでグラストンベリーよ。じゃあね✨」

 

えー

 

頼りにしてました~不安だよ~

 

(ああああああああああああああ~・・・・・・・・・・・・・・・頭、真っ白だぁ)

 

と・・・-そのとき!?

彼女が降りたあと、別の女性が話しかけてくれました。

女性2「私も、グラストンベリーに行くのよ。どこで降りるの?」

なんと! (女神様、光臨!!)

彼女(私達には女神様のように見えました)は、結局、グラストンベリーの宿泊先のそばまで送ってくれたのです✨

イギリス(UK)の方って、親切なんですね。

ロンドンシティ空港からグラストンベリーまでの道中は、わかりづらく、不安要素満載でした。

しかし困っているときには必ず親切な方々に出会い、たくさん助けていただけました。

このことだけでも、本当にラッキーで、ミラクルなことだと思っています。
このミラクル。実は、あるものに「守られていた」ということが、後程判明いたします🎵

関連記事

  1. 宇治 平等院鳳凰堂 番外編 10円玉の模様で有名なお寺 〈後編〉

  2. 京都の街であれやこれや観光巡り  東本願寺で出会った奇跡は? 〈その四…

  3. ヨーロッパ旅紀行 イギリスへ行こう! ① 旅の始まりはきっとこうだった…

  4. 屋久島は運命を操作する? 不要なものを断ち切り、本当に必要な答えのみを…

  5. 心を落ち着かせて~大地とつながる

  6. タロットリーディング タロットカードを読み解く力 【基礎編】

  7. 神降地(上高地)の旅 占い師の導き 【その6】

  8. 夜中に何かに襲われる? 節分夜の怪 〈中編〉

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。