占い始めた切欠,  日々の日常

占いをはじめた切欠~占い師の売っているものは? 最終章 【エピソード17】


■ 占い師が  売っているものは?


 


『なんにも売らない、職業のうらないし(占い師)。占い師の売っているものはなんでしょう?』

 
〇 私達のタロット占いに限ってお伝えしますと、人生の可能性です。

  • 人生を「すごろく」で例えると自分自身の選択と決定でコマを進めて生きています。
  • この「すごろく」は、後戻りができません。
  • さらに様々な人と出会い、出来事によって無限の選択肢が発生し、可能性が広がります。
  • 先に進むための選択を選ぶデータは、過去の経験や、他者の意見、自分自身の直感です。
  • この選択の「データ」の一つとして、タロット占いがあると思います。

 

 

その人自身、もしくは、その人に関連する過去データを読み込むことができるのがタロットのシステムです。

タロットが導く答え、そのままに進んでもよいですし、その答えと自分の直感が「化学変化」をおこして、新たな選択肢を思いつくかも知れません。

タロット占いをしている時間そのものが、自分自身の人生を客観的にみつめ、瞑想をするように心を整理整頓していく時間となっていきます。

私は様々な占い師に出会い「神託」を受けてきました。

その出会いによって化学変化が起き、間違いなく今の人生があります。

自分という限られた価値観の中で「結婚」「退職」「占い師」という選択肢はありませんでした。

本当に不思議です。

人生は可能性にみちています。

人生の可能性を見つけるお手伝いをさせていただけたら、うれしいです。

リピーターのみなさんは、自分という固定概念の枠から脱け出して、新たな人生をデサインされている方が多いです。

もう一つ、私達のタロット占いの特徴をお伝えします。

 

我々の上司は、神様です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。