京都 東寺の曼荼羅と、旅のまとめでいろいろ卒業 〈その二〉

■ 今回の目的は。ココ!!

 

 

ここの目的は、五重塔にある、立体曼陀羅の見学です。
立体曼陀羅は、密教の世界観を表現するため、弘法大師・空海が創案したとされています。
大日如来像を中心に五仏像と五菩薩像、五大明王像、6体の天部像の計21体を配置しています。

ATOLは、ここでも数字のヒントを受けとり、感心しきりでした。

 

■ 東寺
世界遺産のお寺で、ホームページを開いたら、急にお経が流れてきてビックリですよ!
立体曼荼羅はここでしか参拝できない貴重な体験になると思います。

所在地 京都府京都市南区九条町1
ホームページ http://www.toji.or.jp/

関連記事

  1. 占い気質とお笑い遺伝子 【エピソード1】

  2. 京都の街であれやこれや観光巡り  東本願寺で出会った奇跡は? 〈その四…

  3. 陰陽師の気配を探しに~清明神社 人間と鬼の共存の地 後編

  4. 太宰府天満宮に行って、菅原道真さんに会いに行こう! と旅の始まり

  5. 占いをはじめた切欠~人生の流れは、突然ストップする 【エピソード1】

  6. 33歳までにすべきこと

    33歳までにすべきこと

  7. ヨーロッパ旅紀行 イギリスへ行こう! ④ スペインからロンドンへの飛行…

  8. 太宰府天満宮、見上げればそこに鳩!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。