運命の羅針盤-33歳、42歳、52歳の転機-美空ひばりさんから見る、「運命の羅針盤」


■ 昭和の天才歌姫=美空ひばり=さんから見る、「運命の羅針盤」


 

故人でありますが、昭和の天才歌姫、美空ひばりさんをご存知でしょうか?
ご存知でしょうか、といっておりますが、私自身もそれほど詳しい大ファンという訳ではないのですが。
彼女がお亡くなりなったのが52歳でした。

美空ひばりさんの詳細、プロフィールにつきましては割愛させていただきますが、戦後間もない時代に12歳でレコードデビュー、映画主演。以降様々なヒット曲、映画出演があります。

彼女のデビューと芸能活動にとって最も重要な存在は「一卵性親子」とよばれた、ひばりさんのお母さんでした。

当時6歳のひばりさんの才能を見抜き、彼女の表現の場を作るためにマネージメントをし続け、一生を捧げたようにもみえます。

 

■ 33歳 芸能活動25周年


8歳でデビューしておりますから、33歳の時点ではもう、芸能活動25周年。

現在のSMAPの活動期間と同じです。

芸能界の大御所になっていました。

当時のNHK紅白歌合戦は歌手にとって出場すること自体が名誉でした。

美空ひばりさんは、33歳の時に紅白史上初の紅組司会と大トリ(最後の演者)を担当しています。
33歳は現在の舞台に新たな舞台を与えられる時。

ひばりさんも、歌手の代表格と、司会という新たな舞台を用意された訳です。

 

■ それまでの生き方を見直す時間の与えられた、42歳の転機


ひばりさんの42歳の年表には、特に大きな動きはないようにみえます。

しかし、40歳から44歳までに大きな価値観の転換が起こっています。

それは、一卵性親子といわれていたひばりさんのお母さんの闘病、退院、再入院、そして死別というタイミングにあたります。

6歳の時から、40歳になるまで、ずっと自分のそばにいた母親。母親であり、仕事上の最も信頼できるパートナー。

通常の親子以上の絆があった二人ですから、死別した際の喪失感は相当なものだったようです。
この、悲しみと喪失感はここでストップすることがありませんでした。

ひばりさんの弟さん二人がそれぞれ42歳で亡くなるのです。奇しくも42歳なのです。
ひばりさんの私生活は荒れてしまったようです。

孤独と死の恐怖をまぎらわせるためためでしょうか…。

 

■ 物語は52歳で・・・・・・・


そして、ご自身も、50歳で病に倒れ、51歳で復帰しますが、52歳で永眠されるのです。
本来であれば、ご褒美となる52歳。

8歳の時から伝説の歌姫として休みなく時代を駆け抜け続けた、ひばりさん。

愛する家族のもとへ向かうご褒美だったのかも知れません。
ご冥福をお祈りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

占いのご相談

◆A&Kフォーチュンテラーでお力になれるお悩み

【恋愛面】 恋愛関係・相性(彼、彼女)・片思い・二人の今後・彼、彼女の気持ち・三角関係・不倫・略奪愛・復活愛・結婚・婚活・出産 など・・・

【仕事面】仕事関係・相性(上司、部下、同僚)・転職・退職・適職・学業、進学・独立・起業・会社運営、経営 など・・・

【家庭面】 家庭問題・姑嫁・育児・子供 ・ママ友 など・・・

【人間関係面】 対人関係・コミュニケーション など・・・

【その他のお悩み】 人生相談・宿命、運命・前世・金運占い・引越し、旅行等の吉方位・将来・霊感・霊障 など・・・

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。